天変地異説

天変地異説

 - 観測情報
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 天変地異説

天変地異説−過去に起きた天変地異
天変地異説は地殻の特質(地層、浸食作用、堆積化石、etc)から、過去に起きた天変地異から形成されたその結果で理解すると言う見解。言い換えれば、地球の表面の傷跡は破壊的自然災害である。

天変地異説 ‐ 斉一説
天変地異説は斉一説と相反し、150年間地質学の原則を認めています。斉一説は、現在観測されている地球全体の地質上の特質は同じ比率で同じ時に起きていると解釈しています。現在の状況的作用が過去全ての出来事を明らかにし、“現在が過去の出来事を解明する鍵”とするのが斉一説のスローガンでもあります。斉一説は地殻の表面上に見られるであろう過去の出来事である天変地異の可能性を無視しているのです。最初に斉一説の原則、地球理論〔1785年〕を出版したのはジェームス・ハットン。斉一説はサー、チャールズ・ライルにとって地質学コラムの基盤であり、彼は地質学の原則〔1830年〕を執筆し斉一説を支持しました。斉一説と地質学コラムの両方の推測は同一性であり、最近の地質の特質であるポリ地層化石、間違った位置にある化石、失われた地層と間違った位置にある地層(溶岩層の順序または“近代の新しい”の地層の上に発見された“古代”の地層も含めて)に疑いを抱いています。さらに、セント・ヘレン火山爆発(1980年)の観測からその信頼性は天変地異に傾いているのです。斉一説の導入に先立ち天変地異説は地質学の原則を承認しています。再度、地球地質の歴史を解釈するには天変地異説が妥当ではないかと見直されています。

天変地異説 ‐ 実質的証拠
天変地異説は現実的歴史の記録によって支持されています。洪水についての言い伝えは約300近くに上り、世界的豪雨の言い伝えは、一般的に良く知られた“ノアの大洪水”がヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリア、北アメリカ、そして南アメリカで発見されています。さらに、堆積物の層にある化石の記録は過去の海洋に於いての激変を物語っています。堆積岩(砂岩、シルト岩、頁岩、石灰岩、etc)は主として水の動きの結果から水文的に分類されて層が重なっています。現存する動物の化石層は、この水流の動きから埋められ保存されたと理解できます。同じように現存する石も、密集したか、または比重によって分類されたと理解する事ができます。さもなければ、その死体は腐敗するかまたは他の動物によって清掃されているはずです。今までの所、地球上に残る発見された化石の95%は海洋無脊椎動物であり、残りの4.74%は植物化石で0.25%が陸上の無脊椎動物(昆虫類を含む)と0.0125%は脊椎動物でした(殆んどは魚類)。構成された情報によると、おおよそ95%の発見から陸上脊椎動物の発見は辛うじて一つの骨が数えられただけです。発見された想像を絶する植物化石層は瞬間的に埋め込まれた事を立証しています。植物の葉は、本のページで押し葉にされたように、腐敗や腐食の影は見られない堆積物です。

天変地異説 − ノアの大洪水
天変地異説は情報証拠によって支持されています。また天変地異説はノアの大洪水を支持します。大衆紙以外のいたるところに劇的証拠があり、例えば、口を閉じたポジションの貝の化石層(生きたまま埋められた事を明示する)をエベレストの頂上で発見するなどと誰が推測したでしょうか? または鯨の化石層と何百万年にわたって隔てられたと信じられている、上にそそり立つ石化した数え切れないほどの木の化石層をどう説明するのでしょうか? 今、あなた自身で事実を判断する素晴らしいチャンスではないでしょうか。

もっと究明してみましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

地球の年代
放射性炭素年代測定
地球は何年経っているか
絶滅した恐竜
大洪水
地質年代尺度
地球の年齢
放射性年代決定
ドラゴンについての歴史

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 天変地異説 to My Google!
Add 天変地異説 to My Yahoo!
XML Feed: 天変地異説
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.