創造論対進化論

創造論対進化論

 - 基本的疑問
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 創造論対進化論

創造論対進化論−起源に関しての質問
進化論対創造論の論争は起源に関しての謎にあります。どうしてそのような事になったのでしょうか? 私たちは創造されたのですか、それとも偶然に進化したのですか? 私たちは確かに知狽揩ツ御方が創造して下さったのか、それとも単に宇宙に於ける数え切れない偶発の結果なのでしょうか? さて証拠は何と言っているでしょうか?

創造論対進化論−何を探したらよいか?
確かな証拠がないなら、創造論と進化論の論争はわだかまりを抱いた哲学論争の試合とおなじです、なぜなら人は皆それぞれの見解があるからです。質問はその意見の基盤は何か?が重要となるのです。人々は自分たちの信じたい事を信じる、しかしだからといってそれが正しいとはいえません。確かな証拠はことわざにあるように麦ともみ殻をより分けます。“証拠”が“確証”ではないと言う事を覚えていてください。証拠は事柄全体の結論を形作るのに役立つのです。もし進化論に何らかの証拠があるなら、それはもはや進化論とは呼ばないでしょう。さて何が告ャ的な証拠となるか、また何を探したらよいのでしょうか?

創造論は創造迫ヘを実行され、この世界と私達の見ている生命の源を造られた神聖な創造主を指示し、生命は知的迫ヘの考案から生まれたものであると信じています。それ故、生物の中に浮ウれた仕事が、デザイナーの証拠を示しています。自明と世界的に認識された事実:国zとデザインは知的デザイナーを要します。生物の中に認識されたデザイナーは宗教を前提にしているのではなく(経験的観察と論理から)、確かに神学的意味合いを持ちます1。私達は生物の中にはっきりとデザインを見る事が出来るでしょうか? ハイ見る事が出来ます。実際、生物の世界全体には確かにデザインを見る事が出来ます2,3。一般的原則で生物のデザインの探知を試みる時、創造主の存在は事実であると言えるのです。

進化論は、全生物は同一の先祖が源でり4全ての生き物は無機物質から進化する自然主義(偶然、非統一的に進化する)と、生命は偶然に生み出された産物だと保持しています。しかし、私たちが必要とする知識は、納得できるメカニズム、実行と実現の可柏ォです。イギリスの自然主義者、チャールズ・ダーウィン(1809−1882)は、“自然淘汰””‐必要可狽ネ限りのメカニズムを提供し150年前、進化論の科学的世界観として信任を得たのです。今日、私たちは、提供されたメカニズムが不完全であり、その解釈は遺伝変種の観点に基づいていることを認識しています。なぜなら、過去50年間で、分子生物学、生物化学、遺伝子に関する知識は驚異的な発展を遂げ、今まで未知とされていた生命のシステムは、全く新しい段階に入ったからです。進化論を推進する科学者達は現在、遺伝制約と最近判明した科学思考の新しいメカニズムを探求しています。科学が新しい段階に突入してからの進化論は実現不可柏ォと真実性の欠如が明らかになりました。

創造論対進化論−理由対信仰
大衆的マスコミはたびたび創造論対進化論の論争を、創造論は宗教であり、進化論は科学であるように阜サします。しかし創造論こそ確固たる経験的基礎をもとにした説であり、進化論は彼らの信念に固執したものであると断言できます。

創造主を認識するのは妥当でしょうか? 科学的に創造主の存在を証明しようと懐疑主義者が挑戦した、Dr. Wernher von Braun,の“アメリカのロケットと宇宙計画をした父、”に答えて、“ろうそくを燈して太陽を探さなければならないのか?…電子は実質的に想像できない事だが、しかし私たちはそれを通じて町を照らし、最も正確な測定をして暗夜を飛ぶ飛行機を導くのです。科学者のある者は考えもつかない電子を事実として受け入れる反面、考えられる現実的な世界のデザイナーである方を拒絶する、なんと奇妙な論理的根拠を保持するのでしょうか?…最終的に想像できない課題(科学の決定以外に必ずある嘘)は、有効的な卵ェと観察情報の相互関係の説のどれも除外してはならないことです。”5 私達が創造主の知恵を理解出来なくとも、創造主の存在を理解する事はできます。

もっと調べましょう!

注釈:

1“生命の謎を解く鍵、”Illstra medianによるドキュメンタリー、2002年。
2マイケル・デイトン。進化論:進化論の危機、1986年。
3マイケル・ビホ。ダーウィンのブラックボックス、1996年。
4チャールズ・ダーウィン、On the Origin of Species by means of Natural Selection, Or the Preservation of favoured Races in the Struggle for Life,(種の起源)1859  
5エドワード・F.ブリックの執筆による、特殊創造説対進化論、pp.29- 31,1988年。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

創造論対進化論
創造論の証拠
ダーウィン進化論
人類の進化
チャールズ・ダーウィン
宇宙の起源
種の起源
進化論の証拠
人類の進化

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 創造論対進化論 to My Google!
Add 創造論対進化論 to My Yahoo!
XML Feed: 創造論対進化論
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.