進化論の証拠

進化論の証拠

 - 情報と議論
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 進化論の証拠 2
(進化論の証拠 ・ム。シ・ネ1、ォ、鯣ノ、・)

進化論の証拠‐スタンレー・ミラーの実験
(説)スタンレー・ミラーによる“Spark and Soup”実験では生成されたアミノ酸が構成された。無生物から生命が自然発生した証拠“自然から偶然に生まれる”が実験室で証明された? (非)いいえ証明されていません! ミラーの実験には三つの困難な問題があります。彼は間違った材料の使用と、間違った状態から、間違った結果を生み出したのです!(1996年、マーク・イーストマンM.D.の“デザインされた創造、Creation by Design,”のpp. 15-19.)DNA分子とは複雑で今日の生化学者達が今日理解されている生化学の知識の限界で(想定の基に発見された初期の地球について)たんぱく質を生成させ構成することはできません。さらに、独自の遺伝子コードであるDNA分子はデジタル、エラー訂正、重複された情報記憶、本来備わった回復システムである特有な伝達手段の管理なのです!情報学は、両方の言葉の管理と途方もないデジタル情報収集と回収システムであり、これらは知的デザインの結果です。(マーク・イーストマン。M.D. チャック・ミスラーによる、“The Creator Beyond Time and Space,” pp.83-102, 1996年)生命は偶然に作られたと信じるのは(想定によるダーウィンの進化論)近代経験科学の大波に逆らって泳ぐようなものです。、

進化論の証拠‐オオシモフリエダシャクの実験:
(説)自然のカモフラージュで木の幹に止まっているオオシモフリエダシャクの写真は自然淘汰の証拠である。(非) 1980年代からオオシモフリエダシャクは普通木の幹には止まらないと科学者に理解されています。教材に載っているその写真は、既に死んだ蛾を糊で木の幹にくっ付けたものだと分かりました。(ジョナサン・ウェルズPh.D.,” Second Thoughts about Peppered Moths.”1999; http://www.arn.org/docs/wells/jw_pepmoth.htm.)

進化論の証拠‐遺伝変種:
(説)遺伝変種の影響を受けて変化したものが種類の中に見られる。(非)遺伝変種の結果は遺伝学情報のネットワークの損失です。自然的に現れるという遺伝学情報はありません(自然的であると釈明できる存在する情報もない)遺伝変種説は現在する遺伝学情報を腐敗させるだけで‐遺伝変種説は下降線に向っています。例えば、狼、コヨーテ、ディンゴ、ジャッカル、狐、そして幾百に上る違った種類の飼い犬の全ては、多分同じ種類の犬の雄と雌が起源でしょう。これを“変化に富むさまざまな種類”と呼び、想定されたダーウィンの進化論が指示する、単純性から複雑性を生み出すという説とは反対に遺伝子コードによると継続的に減少傾向を表します(犬に翼が生え、飛ぶ事を学ぶなど不可能)。遺伝子は常に失われ、新しく再生されることはない:最初の“犬”には数多くの犬の子孫が持っている特性を兼ね備えていて、しかしまた最初の犬が持っていた潜在性は失われてしまったようです。

進化論の証拠‐痕跡器官
(説)肉体部分で役に立たなくなった一部が進化の出現を示す証拠である。(非)1895年、Robert Wiedersheimは180に上る痕跡器官を記載しました。そのリスト:扁桃腺、尾骨、胸腺、足の小指、男の乳首、耳の前のリンパ節、松果腺、咽頭、虫垂、親不知(歯)、副甲状腺、耳の筋肉、体毛、そして目のまたたたき皮膜など。Wiedersheimによる痕跡器官の公表が終えた頃(19世紀)、痕跡器官であると言われた全ての器官に生物学的に重要な働きがあると確証されたのです。Roy Hartensteinは人間の虫垂について次のように注釈して:“人間の体の役に立たない痕跡器官と長年見なされてきた虫垂は、今日では免疫反応を起こす役に立つ器官の一つであると考えられます。”(1998年、Grolier Encyclopediaから。)事情によっては、虫垂を残さず除去する方が危険な結果を免れる場合があります。だからと言って、虫垂が進化的発生で役に立たなくなった器官なのではありません。Dr. Walt Brownは一般的痕跡器官についの懸念を書いて,“どんな働きをするか分からないと思われる人間の器官であっても、それが進化する前の祖先から受け継だ役に立たなくなった器官だと指示する事は出来ない。医学の知識が進むに連れ、全ての器官のいくつかの働きは発見されているからです。”(Walt Brown. “ In the Beginning.”P.9 2001年。)

その上、人間でないものの痕跡器官を人間の痕跡器官だとする、それらの教科書は極めて御幣があります。“鯨の骨盤”を例にとって考えると、鯨の骨盤は筋肉との付着はなくそれがない鯨は繁殖が不可能なのです。このような事実は私達の子供達の教えられていないのです。

進化論の証拠‐どこにあるのですか?
では、これが確かに進化の証拠だ、と言われるものを提示出来るのでしょうか?公立学校で使われている生物学の教科書を基にした証拠ではなく、その論理の本物の証拠は一体どこにあるのですか?どうして私達は“はるか遠い昔の...”大規模な進化の出来事を想像しなければならないのですか?自然のプロセスだけで、入り組んだ複雑に構成された生きた細胞について、方向付けが出来るのですか?化学だけで地球の生命の起源を説明できるのですか?生物の中にある遺伝情報の符号の起源はなんですか?進化論を提唱する人々は根本的問題である真の答えが出るまで、ダーウィンの進化論説を哲学書の中に閉じ込めておくべきです。そして悲劇的にも生物学の教科書に定着している進化論を速やかに取り省くべきです。

一体どこにあるのですか?


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

ダーウィン進化論
種の起源
人類の進化
創造論対進化論
進化論の証拠
宇宙の起源
創造論の証拠
人類の進化
チャールズ・ダーウィン

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 進化論の証拠 to My Google!
Add 進化論の証拠 to My Yahoo!
XML Feed: 進化論の証拠
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.