人類の進化

人類の進化

 - 詐牛s為と間違い
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 人類の進化

人類の進化:なんですか?
化石の証拠が人類の進化を支持するのではありません。50年以上教科書に提示されていた証拠の主張は今その全てが分類し直されています。失われた環(生物の系統の欠けた部分に想定される未発見の化石生物)は未だに失われたままです。

人類の進化:化石の証拠の遺物
人類の進化については遺伝的特徴の現実、生物化学、デザイン説、規約できない複雑性、DNAの国「と情報のシステムを含む多くの問題を抱えています。しかしながら、人類の化石の現実的記録ひとつを見ても人類の進化の全てを拒否する事が出来ます。次に挙げる例は、前世紀に主張された主要な問題のいくつかです:

ラマピテクスは人類の直接の祖先であると広く認識されていた。現在は死に絶えたオランウータンの一種であると立証。ピルトダウン人は失われた環の偽物として40年間出版物に提示されていた。彼は人の上部頭蓋骨とオランウータンの顎を継ぎ合わせた偽物であった。

ネブラスカ人は特殊な種類の豚の一枚歯に基づいた偽物であった。

ジャワ人は漠然とした証拠のない大腿骨と、頭蓋骨と三本の歯が一年の間に広範囲な地域で発見された。その骨は人の遺体のある地域で発見され、大腿骨は人骨、頭蓋骨は大きな類人猿である事が判明した。

ネアンデルタール人は前かがみの猿人として描写され昔から知られている。現在その姿勢は疾患から来るもので、ネアンデルタール人は変形した人間であると認識された。

人類の進化:最近の系図
現在の人類の進化は小さな猿人のような形からヒトの形へと、流行の見本のように変化したのです。次の例は最も新しい主張:

アファール猿人、または“ルーシー”、長い間失われていた環であると判断されていたが、しかし、耳の奥の調査で、頭蓋骨と骨は単に他の類人猿より少し多く二本足で歩く事の出来るピグミーチンパンジーであると判明したため、ついにルーシーは人に進化することが出来ませんでした。ホモエレクタスは全世界で発見されています。彼は現在の人間より小さく、それに比例して頭と脳も小型です。しかしその大きさは今日の人間にも見られるもので、中耳の研究では現在の人間と全く同じである事が分かりました。遺骸は全世界で発見され普通の人間と類似しているところから、人と共存すると示唆しています。アファール猿人と北京原人は長年失われた猿人に関連していたが、今日では両猿人はホモエレクタスと判断されています。ホモハビリス(化石人類の一種)アファール猿人とホモエレクタスも含めて多くの生物からなる断片であるとされ、殆んどの見解では正確な分類はありません。

人類の進化:最近の発見
2002年6月、人類学者はチャドに於いて“原始人と人間が混合したような特徴の非常に珍しい”頭蓋骨を発見したと発浮オました。この発見は“Toumai”(乾季の季節近くに生まれたチャドの子供につけられた名前)と呼ばれ、即刻“人類最古のファミリー発見”と持て囃されました。2002年10月になると、多くの科学者は記録から尚早な主張だと批判し‐‐その発見は単に猿人の化石であると声明しました。

人類の進化:化石の記録はその説を支持しない
人類の進化は否定された説と言ってよいでしょう。人類の起源を探求する人々は、発見された全ての化石の証拠(または石に関して)から人類に進化論は全く当てはまらなかったと益々確信を得ているのです。

代替物を今見てみましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

ダーウィン進化論
人類の進化
創造論対進化論
宇宙の起源
進化論の証拠
創造論の証拠
種の起源
チャールズ・ダーウィン
人類の進化

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 人類の進化 to My Google!
Add 人類の進化 to My Yahoo!
XML Feed: 人類の進化
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.