原罪

原罪

 - 創造
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 原罪

原罪‐クリスチャンが創造論と進化論を共存出来ない理由
“原罪”とは、クリスチャンが進化論を受け入れられない理由となる神学の支柱です。疫病のように蔓延する進化論信仰のシステムと科学問題とに関わらず、クリスチャンの全メッセージは、人類の堕落と死がアダムを通してパラダイスに侵入した時から始まったのです。進化論は、アダムが現れる幾万年前に死と腐敗と病気は既に入り込んでいたと想定しています。しかしこの理論は神の創造した“非常に良い”地球と相反します。罪が入り込んだので私たちに死が入り込んだのです。しかしクリスチャン教義が矛盾しているかどうか助ェ調べる事はとても重要です。

原罪‐無神論と進化論は正しくなければならない
“原罪”、進化論の関連、について積極的進化論発言者であるリチャード・ボザースは、アメリカの無神論マガジンで次のように言いました。以下は“進化論の真意”から抜粋(1979、9月、頁30):

“キリスト教は‐創世記にしるされた出来事が正しいはずである!と言う特殊創造論に傾倒し、全力を挙げて進化論に反撃しているのです。その理由をあげてみましょう。

ローマ人5:12では、“…ひとりの人によって、罪がこの世に入り、また罪によって死が入ってきたように、こうして、すべての人が罪を犯したので、死が全人類に入り込んだのである。”

生と死は、禁断の果実を取って食べたアダムとイブの存在を前提にした、イエス・キリストの正当化です。原罪がなければ誰も贖われる必要もなく、またアダムの堕落と継続する罪の結果が死であるという理由を除いたら、キリスト教の目的はなくなるのです。

アダムとイブも、エデンと禁断の果実も存在しない我々の指示する起原、進化論は学生でさえ助ェに理解しているのです。進化論とは、一つの物から次の物へと変わり、そして絶え間なく本質へと変わる発展です。創造論が主張する、完全で崇高な以前の状態から堕落したなど事実不可狽ネことなのです。

アダムの存在がなければ原罪もありません。多分イエス・キリストは人間を減らすために間違った惑星に派遣されたのでしょう!″

原罪‐全ての人が欠陥を受け継いでいる
原罪は遺伝する欠陥です。私たちは皆、アダムとイブから原罪を受け継いでいるのです。この原罪を相続したために私たち全員は‐‐神から引き離され‐‐肉体と霊の死も受け継がなければなりませんでした。しかし、受け継いだ欠陥から‐‐罪と死を克服し‐‐永遠に神との関係を保つことは可狽ナす。パラダイスとは、アダムが最初に住んでいて、神が ″非常に良い″と言われた地上にあった神の庭園です。幾万年前から続く死と腐敗と病気の間違った自然主義の主張ではありません。イエス・キリストは真理なので、間違って私たちの住む地球を選んだのではありません。主を賛美し、神に感謝をささげます!

もっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


神とは誰ですか?

神とは誰ですか
原罪

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 原罪 to My Google!
Add 原罪 to My Yahoo!
XML Feed: 原罪
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.