実在する神の証拠

実在する神の証拠

 - デザインの発見
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 実在する神の証拠

実在する神の証拠‐素晴らしいデザイン
実在する神を知る要素とは何でしょうか? さて、そのもの自体が示している証拠と世界的に認められている真実に従って考えて見ましょう:知的デザイナーの必要性を余儀なくされる概念と素晴らしいデザインの存在が、知的デザイナーである御方を証明しています。これは単に因果関係といえます。神の存在の証拠を探求する中で、無数にある超自然的出来事を調査し、その出来事が真実であるかないかを確かめ、超自然を立件することは超自然を創造した神を確認する第一歩となります。または、私達が既に知っている事柄と創造自体を適用し知的デサインの証拠を探求しましょう。

デザインされた全てのものには、デザイナーがいるのが必然的です。事実、調和した基本的公理とデザインを探求する方法論は、各分野である考古学、人類学、科学捜査、犯罪法学、著作権法、特許権、逆行分析、暗号解析、乱数発生、そしてSETI(地球外知的生命の探査)を調べる人間の努力です。では知的デザインの存在を私たちはどのように認識すれば良いのでしょうか? 普通、“複雑性の仕様”を信頼性のある指標として知的デザインを発見します。複雑性を説明する可能性はあっても、仕様方法は説明できません。 例えば、無作為に並べられた文字は複雑であっても意味を成さないので明確ではありません。14行詩からなるシェークスピアのソネットは複雑であっても具体的です(意味を成す)。シェークスピアを抜きにしてシェイクスピア風ソネットは存在しません。(William A. Dembski, The Design Inference: Eliminating Chance through Small Probabilities,1998年)

神がいる証拠‐自然
それでは神が存在する証拠はどこにあるのでしょうか? 良く知られた調和した原則と驚くほど進歩した、生物学、遺伝学、情報理論などの神を立証する証拠で私達は取り巻かれているのです!

顕微鏡を通して大腸菌の鞭毛を観察します。細菌の鞭毛は大腸菌をそのミクロの世界で推進するのです。固定子、駆動軸、U−結合部、推進器を含んだ40の異なった蛋白質から構成されていて、正に顕微鏡だけで観察される船外機です。一つ一つは電子顕微鏡で5倍に拡大しなければはっきり見えません。微小な船外機は10rpm(1分間あたりの回転数)という信じられない速さで動き、敏速に停止したり、たった四分の一回転で停止したかと思うと逆方向に再び、10rpmの速度で回転するのです。鞭毛モーターは前方と後方に動くように装置され、水冷式で、周囲の状況に応じられるように知覚作用の情報伝達に接続配線されています。(”Unlocking the Mystery of Life.” Video documentary by Illustra Media. 2002年)

複雑性の仕様研究である一般原則を生物学の体系に(人間や動物)適用すると、知的デザインの存在を容易に観察する事が出来ます。例えば、細菌の鞭毛の固定子、回転子、駆動軸、U−結合部、推進器、それら一つ一つをとっても、それらの名称は便宜上つけられたのではなく、完全にその名称どうりの働きをします。もしあなたが自動車、機械、またはオモチャと模型についている固定子、回転子、駆動軸、U−結合部、推進器を見るなら、その製品の裏には知的出所があると認識するでしょう。船外機や、まして驚くべき鞭毛モーターを見れば、誰でもそれらは偶然に組み立てられた製品であると思う人はいません。それらのモータは高い知能の持ち主によって組み立てられた製品なのです。

その上、大腸菌の鞭毛が単に時間を経て進化して出来上がったとは考えられません。細菌の鞭毛は“単純化できない複雑”の体系を備えています。単純化できない複雑なこの体系は無数の部品から成り立ち、作動するにはその一つ一つ体系を必要とします。もしその中の部品の一つでも除外するなら全ての体系に支障をきたします。一つ一つの異なった部品は全部欠かす事ができないのです。(Michael Behe, Darwin’s Black Box,1996年)

細菌の鞭毛に関しては(単純化できない複雑な分子組織が鞭毛の構成に重要な働きをしているのはいうまでもなく)無数のミクロの生物学的世界の中で、規定の複雑性を持つたった一つの例に過ぎません。分子生物学者Micheal Denton(マイケル・デントン)はこのように言いました。“とはいえ、最も小さい細菌性細胞は信じられないほど微小で、重さは12分の10グラム、一つ一つは事実ミクロに小型化した工場で、何千と入り組んで複雑化した極めて端正なデザインの分子機械であり、一千億の原始を何百何千合わせて作り上げた人間の機会と比べても、比較にならないほど詳細で複雑で、無生物界では全く類を見ません。”(Michael Denton: A Theory in Crisis. 1986年。P.250)

神のいる証拠‐神の指紋はあちこちでみられる
神がいる証拠はどこにあるのでしょうか? もし私達が目を開ける気持ちがあるなら、神の指紋は私達の周りの全ての物を通して見られるのです。そして、私達自身の存在が創造主である神が存在するという証拠です。

もっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

創造主である神
実在する神の証拠
相対性理論
宇宙の起源
熱力学第二法則
インテリジェント・デザイン
生命の起源
ビッグバン宇宙論
神は存在するのか?

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 実在する神の証拠 to My Google!
Add 実在する神の証拠 to My Yahoo!
XML Feed: 実在する神の証拠
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.