大洪水

大洪水

 - その証拠
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 大洪水

大洪水‐聖書から 
大洪水(a.k.a.ノアと大洪水)は、紀元前2000年から3000年の間に全世界と地球を壊滅した出来事です。創世記6−9章では、神は人類の堕落するのを見て心を痛め、ご自分の主権を用いて地球を浄化したのです。しかし、神は寛大なお方なので、生あるものを全滅することはしませんでした。水が引いた後の地上で繁殖するようにと、一部の人間と動物達のつがいを選ばれたのです。“主の前に恵みを得た”(創世記8章)家父長ノアは、神の命令を受けて巨大な箱舟の建造に取り掛かったのです。箱舟は彼らを救う手段でした。大洪水後、船から下りたのは、ノアと彼の妻、そして3人の息子と彼らの妻達でした。

大洪水‐世界的伝承
大洪水の後に生まれた人類は、全員ノアの家族から来ています(聖書)。大洪水後の世界は孤立していました。しかし彼らの文化は繁栄し、大洪水を生き延びた8人から直接来ている人々は、きっとトラウマ的出来事を代々伝えて行ったのでしょう。事実、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリア、そしてアメリカ大陸と全世界において何百に上る言い伝えが発見されています。これら大洪水の伝承は創世記の大洪水を裏付けています。中国の “Hihking Classi”とバビロニアの“Gilgameshギルガメシュ”は最も古い伝承だと認められていて、内容も驚くほど類似しています。長い年代を経て人々がそれぞれ違った文化とグループに分かれると同時に、大洪水の話は面白おかしく誇張され尾ひれがついて伝わったと考えられます。

大洪水‐物的証拠
“伝承”は神が私たちの罪を裁くために大洪水を起こした寓話ではなく、歴史上事実の出来事です。化石の証拠: 地球の広範囲に亘り何十億に上る死んで理没した沈殿物が発見されているのは説得力ある証拠といって良いでしょう(水と石の傍で)。地質学者のジョウン・モーリス博士はこのように言いました、“堆積岩とは、石の断片、または確かに存在していたもの、または腐敗と腐食で溶解したものがその場所で積み重なった流体物の堆積である。”1 地表の石の70%が堆積岩であり、残りは火山の噴火時に流失した火成岩と変成岩である。 地質学者は堆積岩層に奇妙な特徴があるのを発見しています。例えば、沢山の石に理没し浸透している樹木は逆さまの角度で全て右側が上向きになっていることです。このような例は海洋の大変動の結果起きたと確認されています。(Ploystrate化石は世界中いたるところにある。)

堆積物の比率の分析から、全ての化石の95%が海洋有殻無脊椎動物、残り5%の中の95%が藻と植物。(4.74%) 残りの0.25%の中の95%は昆虫類を含む無脊椎動物でした。さらに残りの0.0125%の殆んどが魚介類の脊椎動物で陸上の脊椎動物の骨は一本だけ発見されています。(例:恐竜の骨の発見は1,200本だけ。)2

世界的に山の頂上でも海洋生物の化石が発見されています。南アメリカのアンデス山脈の頂上付近には何百を超える巨大(300kg)なかきの地層も発見されました。3

大洪水 ・レ。シ・ク 2

注釈:

1 ジョン D モーリス 若い地球 2001, p. 51
2 前記の箇所 70ページ
3 デビット・キャッチプール クリエーション マガジン vol. 24:2, pp. 54-55


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

地球の年齢
地球は何年経っているか
恐竜の化石
地質年代尺度
放射性炭素年代測定
大洪水
地球の年代
絶滅した恐竜
地球の年代

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 大洪水 to My Google!
Add 大洪水 to My Yahoo!
XML Feed: 大洪水
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.