斉一説

斉一説

 - 観察
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 斉一説

斉一説−“現在は過去を解く鍵である”
斉一説は地質学理論です。今日、同じ割合や方式で観測されている地質現象は、地球の地質の特性を現すと主張するものです。それ故、観測不可能である過去の地質時代の変化から今日まで地球の歴史的地質的変化は起きていない、従って、現在の過程から過去全ての出来事を説明する事が出来ると保持しています。斉一説のスローガンは“過去の地質現象は、現在の自然現象を注意深く観察すれば理解する事が出来る″。

斉一説−地質学の解説
斉一説の権威ある著書、地質学説では、“今日、地殻修正を作動する地質的過程や自然法の根本的原理や教義は地質時代を通して均一している、過去の地質時代の諸現象も現在の自然の法則から知る事が出来る:古典的概念、“過去の地質現象は現在の自然現象を注意深く観察すれば理解する事ができる。”(ロバート・ベイツ、ジュリア・ジャクソン、地質学の用語解説出版物第二部、米国地質学研究所、ページ677、1980年)。

斉一説−ジェームス・ハットンとチャールズ・ライエル
斉一説の学説は、ジェームス・ハットン(1726−1797)が地球理論(theory of the Earth 1785 )を出版した事によって人々の間に知られるようになりました。ハットンから強い影響を受け、現代の地質学の父と呼ばれているチャールズ・ライエル(1797−1875)は地質学の原則(Principles of Geology 1830 – 1833 )3巻を出版し高い評価を受けました。ライエルは後に種の起源を出版したチャールズ・ダーウィンに影響を与えたのです。ライエルはこれまで150年に亘り、地質学者たちの上に斉一説の多大な影響を与えた責任があります。

斉一説‐後期漸進主義
斉一論についてワーレンD.オールモンは次のように言いました、斉一説は人々の間で認識深い説ではあるが、ライエルは地質学の当てにならない説をも売り込んだ。物理学の法則は空間の中で常に一定しており、観察されていない過程の結果を出す前に現在の過程を見直し、過去全ての過程に現在の比率(歴史上の記録から割り出された)の基本を当てはめる事が必要です。極端な漸進主義(または急進主義)は、漸進的でないと言う理由で、突然の出来事、または大変動の出来事の実在する証拠を拒否し、多くの残念な結果を招くことになります。(後期漸進主義、科学、vol.262、ページ122.1993年10月1日)。

斉一説‐天変地異説
均一性を基盤としてライエルが仮定した地質柱状図を含む斉一説は、ポリ層の化石や根拠のない化石、紛失した層や紛れ込んだ層(現在″層の上に発見された逆順層や古代″層)などの地質の特徴から、偽りであると証明されました。さらに、記録に残っている1980年のセントへレン山噴火のような大変動は、斉一説とは全く異なる天変地異説を裏付ける事になりました。従って、大変動は現在の地球形成に重要な役割を果たしたと理解できます。

もっと詳しく調べましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

地質年代尺度
地球の年齢
ドラゴンについての歴史
地球の年代
大洪水
放射性年代決定
恐竜の化石
地球は何年経っているか
放射性炭素年代測定

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 斉一説 to My Google!
Add 斉一説 to My Yahoo!
XML Feed: 斉一説
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.