アダムとイブ

アダムとイブ

 - 人間と生命
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> アダムとイブ

アダムとイブ:だれなのですか?
ユダヤ教、イスラム教、そしてキリスト教によれば、アダムとイブは最初の人間であり、全人類は彼らの子孫なのです。聖書に記されている通り、アダムとイブはこの地上に人口を満たし、その世話と、また神との関係をもつようにと神によって造られたのです。まさに彼らの名前は彼らの役割を指示しています。アダムはヘブル語のアダマ(adomah)“男”、イブの意味はへブル語で“生命”です。アダムとイブについての完全な聖書の説明は創世記1:26から創世記5:5に見られます。

アダムとイブとエデンの園に関しての私たちの先入観の殆んどが、1667年に出版されたジョン・ミルトン(John Milton)の執筆した抒情詩“失楽園”から来ています。彼は創世記の詳細を大きく拡大し自分自身の想像に尾ひれをつけました。ミルトンは自分自身の想像を用いて神と悪魔と多くのエンゼルの会話を“裏工作”しました。創世記に付け足された彼の記事はいつか私たちの文化に根を下ろし、多くの人々がミルトンの情報は聖書に記されているものと勘違いする原因となったのです。

アダムとイブ:エデンの園
アダムとイブは人類の最初の庭師でした。彼らの住んでいたエデンの園は、いばらも雑草もなく、また彼らのために容易に生る果実が植えられた完全な場所でした。創世記2:15−20で、神はアダムに畑を耕させ、またそこを守らせ、動物たちに名前をつけさせ、善悪を知る木以外の木の実なら園のどの木からでも思いのままに食べる事を許されたのです。

アダムとイブ:人類最初の親
アダムとイブは人類の最初の親でした。ユダヤ教、イスラム教、キリスト教は全ての人々は彼らの子孫であると保持しています。ユダヤの伝承ではアダムとイブの子供達は56人です。アダムが930年生きた事実を考慮するとこの伝承もうなずけます。人文科学者のある人々は、その時期の人々が長寿であった理由は大気中にある水蒸気による天蓋が要因となり、その時代の地球の状況は人間の生活環境と寿命に最も適していたものの、その天蓋は大洪水が原因で破壊され物凄い量の水が地球を覆ったと信じています。

アダムとイブ:神に逆らった最初の人
アダムとイブは最初に間違いを犯した人間です。創世記2:16−17に記されている通り、善悪を知る木以外はどの実でも食べる事を許されていたのです。善悪を知る木の実を取って食べれば死ぬと言われました。木の実がなんであったか確証がありません。ミルトンはその木をりんごの木として紹介しています。後にイブは蛇を通して悪魔にだまされ木の実を食べたのです。その後アダムは間違っていると知りながらイブの持ってきた木の実を食べました。明白に食べてはいけない、と神に言われたにも関らず悪魔の言葉を信じた結果、彼らは霊的な死を体験し、間もなく肉体の死も体験する事になったのです。神は彼らを園から追放しました。アダムとイブは神の命令を優先するより自分達の願望を優先しました、その行動はが原因で罪がこの地上に入り込んだのです。もはや木の実を収穫するのは容易ではありません。いばらと雑草は種ね付けと収穫を困難にしました。男は食べるために働き、女は産みの苦しみを経験することになったのです。動物は危険な肉食に変貌しました。

アダムとイブ:これで話は終ったのですか?
これでアダムとイブの話は終ったのでしょうか?神はアダムとイブを園から追放して、その後人との関係を回復するために方法を提供して下さらなかったのでしょうか? アダムとイブが今日のあなたの人生にどのような影響を及ぼしたか、あなたは知っていますか? もしあなたがこの影響について熟考するなら、あなたの自己観は変わりましたか? についての概念は? 神との関係は?このような質問は、あなたが人生の究極的問題を考える時、非常に重要と成ります。

もっと調べましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


理論的見解、哲学的見解、一般的人生観

道徳倫理
アダムとイブ

自然科学的見解、自然科学的一般論
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add アダムとイブ to My Google!
Add アダムとイブ to My Yahoo!
XML Feed: アダムとイブ
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.