創世記

創世記

 - 創造の記録
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 創世記 2
(創世記 ・ム。シ・ネ1、ォ、鯣ノ、・)

創世記‐創造主である神の必要性
ダーウィンの法則から100年後、創世記に記されている歴史は科学的観察結果を通じて再び正当性が立証されているのです。進化を辿る生物化学から、微生物学と遺伝子学から、ダーウィンの提案である進化論のメカニズムは不完全であると見なされています。自然淘汰は独創的過程ではなく、慎重な過程とみられます。しかしながら、進化論のメカニズムは到底実現不可能と見なされます。さらに、情報と伝達協議会はDNA分子は元来備わっているもので、また乗り越える事の出来ない障害物としては、削減不可能な複雑性であり、これらを考慮すると再び創造主である神の存在が立証されるのです。

創世記‐創造の記録
創世記の記録にある6日間の創造は、一般的に“創造の週”とも言及されています:

    第一日目‐宇宙・時間、地球(水の密集体)、一時的光源。
    第二日目‐地球の大気園。
    第三日目‐乾いた土地と植物。
    第四日目‐太陽、月、そして星群(光、しるし、日と年のため)。
    第五日目‐海洋生物と空を飛ぶ生物。
    第六日目‐地上に住む動物達と人類。


たびたび人々は、昼と夜の第一日から第三日のサイクルがありながら、第四日目までなぜ神は地球に永続的光源を創造しなかったのか不思議に思います。地球の昼と夜のサイクルは、光が同じ方向から来るために地球の枢軸が回転する必要がありました。創世記では、神が地球と光を第一日目に同時に創造しています。さらに第一日目には昼と夜のサイクルが創造されたと記されています。従って、既に地球は第一日目に光源と関連されるために宇宙を回転していたと論理付けられます。第四日目に神は永続的な地球の光源として太陽を創造しました。故に、一時的な光はもはや必要がなくなったのです。

創世記は7日間(一週間)で全宇宙が創造されたと説明しています。24時間の昼と夜のサイクルは定められた地球の枢軸の回転、30日(一月)のサイクルが定められた月周回軌となり、365日(一年)は定められた地球の太陽軌道となります。世界共通である週7日間のサイクルは非常に興味深く、創世記以外には基礎となるものはありません。

創世記‐堕落した人間とその原因
創世記には“堕落した人間”が記録されています。初めに神は全てを完全に創造しました。全てが“非常に良かった”のです。必要なのは愛の完全性です。要素である愛は自由です。その愛の定義が自由意志と分離して存在する事は不可能です。ただしあなたが悪を選ぶ事が出来るなら、真に愛を選ぶ事は出来ません。従って、神は私たちを罪の潜在性も備えて創造されましたが、罪を独立して創造されませんでした。最初の人アダムは神より自分の欲望を満足させる方を選びました、そして罪の潜在性はこの世に入り顕在化したのです。“罪”という言葉の古英語(5−12世紀頃まで使われた)はアーチェリー(弓)であり、語源は“的外れ”(反対語,“青い目”は的に命中)の意味です。“罪”という言葉は“愛”という言葉と同様に、今日では単に決まり文句となり真の意図する意味を殆んど失いました。私たちが“罪”を犯したとき、神の観点である標的を外したのです。神は私たちが御自分を選ぶように、御自分を知るように、そして御自分をを愛するようにと造られたのです。通常私たちは神より自分自身に関心を持ちます。私たちは真の神を受け入れる代わりに自分自身で神を作り上げます。神を知りたいと思わないのです。神を愛したいと思わないのです。

創世記 ・レ。シ・ク 3


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


弟子訓練

イエスは全てを支払われた
ヨハネの福音書
ギャップ理論
罪って何ですか
地獄は本当に存在するのか
創世記
最後の晩餐
神の子羊

礼拝
親交
奉仕の働き
福音伝道
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add 創世記 to My Google!
Add 創世記 to My Yahoo!
XML Feed: 創世記
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.