ピルトダウン人

ピルトダウン人

 - 全情報検査
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> ピルトダウン人

ピルトダウン人:タイムフレーム
ピルトダウン人(Eoanthropus Dawsoni)は一時期人間と類人猿の間の“失われた環”であると思われていました。最初のピルトダウン人の断片が発見されたのは1912年。それ以後40年にわたり、ピルトダウン人に関して5000以上の科学エッセイが執筆されました。1953年、その発見は計画的なでっち上げと立証されたのです。

ピルトダウン人:化石の残骸
ピルトダウン人の二つの人間の頭蓋骨はオランウータンの顎、象の臼歯、カバの歯、そしてチンパンジーの犬歯 で構成されていました。Kenneth Oakley氏の主張は人間の頭蓋骨は約620年前のもの。頭蓋骨は異常に厚みがあり、この厚い頭蓋骨はオナ族の一般的特徴なので、アルゼンチン南部のパタゴニアに住むオナ族ではないかと推測しています。そのオランウータンの顎は500年前のもの、ひょっとするとマレーシアのサラワクから、象の臼歯はチェニジアからと思われています。カバの臼歯はマルタまたはシシリーから、犬歯は更新性のチンパンジーと推測されています。類人猿から発達した人間として、その“発見”を後に進化論の証拠とするため、ピルトダウンは意図的に採石場やイギリスなどに散在し続けたのです。頭蓋骨は酸で処理され、残された化石層の全てに硫酸鉄の溶液が染み付き、犬歯は茶色に塗られバブルガムでつぎはぎにされていました。臼歯はやすりがかけられ、オランウータンの顎の一部と頭蓋骨の継ぎ目は人間の頭蓋骨に見せる為、注意深く割られていました。

ピルトダウン人:犯人
ピルトダウン人でっち上げの犯人は、チャールズ・ダーウィン、考古学者、地質学者、またはイギリス博物館の化石収集者ではないかと思われています。しかし、誰が関わったかは明らかではありません。容疑者は、Arthur Smith, Woodward, イギリス自然博物館自然歴史課の管理者、そしてPierre Teilhard de hardin, 古生物学者、イエズス会の神学者など数多くの人の名が挙げられています。

ピルトダウン人:計画的なでっち上げ
ピルトダウン人は明らかに計画的でっち上げです。重点をおいた捜査から、でっち上げは早急に発見されたものの、しかし、その“見抜かれた”に対しての適切な捜査は最初の“発見”から40年後でした。“発見”した人は非常な信任を受けていたので、詐欺であると疑いを持った人は極めて少数でした。1949年、フッ素吸収法による化石の年代調査でその信ぴょう性に疑いを持たれました。でっち上げからかなり後にフッ素式テスト法が築かれたのです。しかし、歯にかけられたやすりの痕と“磨耗”は逆方向だったことから調査すれば即座に分かったはずです。

ピルトダウン人:全般に適用する警告
ピルトダウン人事件は私達全員への警告です。不明瞭な過去だといって対抗するのではなく、いかなる情報も慎重に完璧な調査し、人に秘められた計画的野心には対抗しなければなりません。

もっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

進化論の証拠
チャールズ・ダーウィン
人類の進化
創造論の証拠
ダーウィン進化論
人類の進化
種の起源
創造論対進化論
宇宙の起源

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add ピルトダウン人 to My Google!
Add ピルトダウン人 to My Yahoo!
XML Feed: ピルトダウン人
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.