放射性年代決定

放射性年代決定

 - 想定
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 放射性年代決定

放射性年代決定‐概要
放射性年代決定は科学者の下で働く従業員によって主要な地球年代を判定するスキームです。放射計年代測定の技法はラジオアイャgープの自然減衰に用いる事が出来ます。アイャgープ(同位元素)には、原子核と同数の陽子が含まれ、しかし中性子(ニュートロン)の数に違いがあります。放射性同位体(ラジオアイャgープ)は不安定な同位体です:自然崩壊する(その過程で放射物を発する‐‐放射狽ツくりだす)。最終的安定状態になるまで、多様な過渡期と状態を通じて化学的崩壊は続きます。例:ウラニウム‐238(U238)はラジオアイャgープで自然崩壊の過渡期から鉛‐206(Pb206)に変わる。238と206の数字はアイャgープ(同位元素)の原子を侮ヲしています。ウラニウム‐238ラジオアイャgープは鉛‐206に安定するまで次に挙げる13の過渡的段階を通ります(U238> Th234> Pa234> U234> Th230> Rn222 > po218> Pb214> Bi214> Po214> Pb210> Po210> Pb206)。この例から分かるように、ウラニウム238は“親”と呼ばれ、鉛・06は“娘”と呼ばれています。科学者は不安定元素から崩壊して石の成分の安定元素となる時間を測定すればその石の年代が判明すると信じています。それは三つの重要な想定に基盤が置かれています。

放射性年代決定‐想定
放射計技法で判明された多くの年代は大々的に公浮ウれています。とはいえ、その想定基本は雇用されていません。私達は次に上げる主になる三つの想定を考える事が出来ます。

  • 残った崩壊の比率は持続する

  • 汚染されていない(娘と呼ばれる“鉛‐206”も、また中間要素が石に導入、または付着している例も見られない)。

  • 初めにどのくらいの量の“娘”(鉛‐206)があったかを判定するのは可狽ナす(初めから娘‘鉛−206’がなかったと仮定する、けれどもその石の告ャに娘‘鉛−206’が含まれていたなら、石の年代測定は確証出来ない)。このような想定に基盤をおいての調査は妥当であるといえるのでしょうか? 最近の情報では、実験室で研究された崩壊定数の比率測定は不可狽セったのです。ですからこれまでの加速された崩壊定数観察は無駄であった。1 であるなら、初めの想定は妥当でないと見なされます。そうなると、現在既に基本的見解が築かれている現在の世界の歴史に混乱を招く結果となります。ドクター・Carol Wielandは最近の発見を要約して次のように言いました“アルミニウムが崩壊されて鉛になるには、そのプロセスの間、副産物であるヘリウムが告ャされ、非常に軽い不活性ガスが直ちにその石から浸出します。特別な結晶ジルコンを得るには、部分的に鉛まで崩壊されたアルミニウムを包含する花こう岩まで非常に深く掘削します。これらの結晶に含まれるウラニウムと放射性鉛の含有量を測定するには、最初に崩壊がまだ続いているなら15億年経過されなければなりません(花こう岩から発見されたジルコンに割り当てられた地質学による‘年代’)。15億年経過して崩壊されたジルコンには著しい量のヘリウムが含まれています。これは一見して驚くべきことです。なぜならヘリウム(非常に微小な非反応性原子)は期待にたがわず簡単に結晶として空間に逃げてしまうからです。そのように遅い積み重ねは浸出が継続されても蓄積が不可狽ナす。既に挙げらた事柄に従えば、もちろん、実際ジルコンから浸出するヘリウムの比率測定に依存しなければなりません。これがもう一つの最近発浮ウれた比率2 です。そのサンプルの比率測定を…世界的に高名な専門家が手がけました。専門家の一貫した回答: サンプルから、ヘリウムは実際に広範囲にわたる温度内で素早く浸出してしまう。事実、全てのヘリウムは依然としてジルコンに含まれていることから、それらの結晶(先カンブリア時代の花こう岩の基盤と言われるので、全地球を含むと推測)は4000年から14000年前と推測されるがそれ以上古いも物ではない。言い換えれば、たった何千年の間に、15億年の価値ある長期間にわたる(今日の比率)放射性崩壊が起こったのです。面白いことに、この年代はその後5680年(+/−2000)と調節更新されました。”3

Learn More!

注釈:

1 D. Russel Humphreys, Steven A. Austin, John R. Baumgardner, Andrew A. Snelling, Helium Diffusion Rates Support Accelerated Nuclear Decay; Article available online at http://www.icr.org/research/icc03/pdf/helium_ICC_7-22-03.pdf.

2 The \"RATE\" project stands for, \"Radioisotopes and the Age of The Earth\"

3 Carl Wieland, RATE Group Reveal Exciting Breakthroughs, 2003


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

絶滅した恐竜
放射性年代決定
恐竜の化石
天変地異説
大洪水
ドラゴンについての歴史
地球の年代
放射性炭素年代測定
地質年代尺度

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 放射性年代決定 to My Google!
Add 放射性年代決定 to My Yahoo!
XML Feed: 放射性年代決定
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutCreation.org, 著作権所有.