Clicky

ドラゴンについての歴史

ドラゴンについての歴史

 - 聖書の中の記録
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> ドラゴンについての歴史 5
(ドラゴンについての歴史 ・ム。シ・ネ1、ォ、鯣ノ、・)

聖書の中のドラゴン
もちろん創造論支持は聖書を信じています。進化論に存在する問題に思い悩むことなく、真理である古代の文献と有史以前の芸術は神の言葉と共に垂オ分なく調和されているのです。創世記1:21−23では、海洋動物は5日目に造られています;創世記1:24−25では、6日目に男と女を含む陸の動物が造られました。それ故、聖書によれば全ての動物は殆んど同時に造られた事になっています。人の現れる前、この地球に恐竜が生息していたのはそんなに昔ではありませんでした。欽定訳聖書は旧約の全巻にドラゴンという言葉を6回挙げています。へブル語は“海獣または陸の怪獣”と2つの意味で解釈しています。

しかし、聖書はその生き物を別名でもっと生々しく描写していますが、恐竜でないことははっきりしています。ヨブ記40:15のビヘモスについて:“みよその力は腰にあり、その勢いは腹の筋にある”(40:1)。ビヘモスは巨大な生き物で名高いオランダ初期文学に登場するドラゴン、ファーニブルを連想させます。ビヘモスはヒマラヤ杉のような巨大な尾を振ると書いてあります。ヒマラヤ杉のような強力な尾を持つ生き物は、恐竜以外にどんな生き物が想像できますか? “その骨は青銅の管のようで、その肋骨は鉄の棒のようだ”(ヨブ記40:18)。強力なドラゴン、ファーニブルに身震いするジグルドが思い浮かびます。著者ヨブは、“これを造ったものがこれに剣を授けた、”といいました。ヨブはこれに死を齎すのは神だけだと言っているのでしょうか? 再び、穴の中から機会を見定め、ドラゴンの弱みを狙い打ちとめようと待ち構えているジグルドを連想します。ビヘモスは水の中に生息し、“はすはその陰で、これをおおい、川の柳はこれを囲む。”(40:22)“たとい川があふれても、それはあわてない。その口にヨルダン川が注ぎ込んでも、動じない”(40:23)。これほど巨大な生き物は、恐竜以外にどんな動物が想像できますか?

ヨブ記の次の章では、レビヤタンと言う別の巨大な生き物が登場します。ビヘモスと同様に、神はこの生き物について説明したと記され、ヨブもこの生き物を知っていた事がほのめかされています。神は、ヨブにレビヤタンのような巨大な生き物を捕獲するのは困難であると言っています。レビヤタンも神の創造です。そして神はこのように言いました、“だれがわたしにささげたのか、わたしが報いなければならないほどに。天の下にあるものはみな、わたしのものだ。”41:11。レビヤタンも恐竜のように恐ろしい牙と硬いうろこで覆われていました。“それが起き上がると、力ある者もおじけずき、ぎょっとしてとまどう。”41:25.これでファーニブルを見て恐れ慄いたジグルドがお分かりでしょう。 ヨブ記は聖書の中でも最古の書物と見なされています。大洪水の直後、ヨーロッパが氷で覆われた時期に書かれたと思われます。多くの学者達は恐竜は水に生息するので、大洪水にも生き延びた可能性があると思っています。しかし、生き延びた恐竜たちもその後の極度の環境変化で、数代目には全部死に絶えました。小さな能の持ち主である生き物が、環境の変化と異常と病気で数代目には死に絶えたとしたら、ヨブの時代の直後に築かれたであろう初期ヨーロッパ文化の中に、恐ろしい怪獣ドラゴンの記録が見られるのも容易に理解できるのです。

聖書では、この時期を分散の歴史(創世記10,11章)として提示しています。人とそのグループは大洪水の後、アララテ山に着いた船から降り、集合していたバベルの町から分散し移動しました。そしてその後、彼らは彼らの故郷となる新しい土地に移動してそこに落着いたのです。彼らにとって全地球が未知でした、同時に極度の変化は恐竜を徹底的に襲った可柏ォもあります。

事実東洋の慣習には西欧の慣習のように邪悪で恐ろしいドラゴンの概念はありません。なぜなのかその理由は憶測の域は出ません、しかし東洋に移動した人々のグループは、同時代の西欧に移動した人々が体験した身の毛もよだつような生き物との敵対がなかっただけなのでしょう。もしそうであるなら、東洋の人々は、大洪水の前と同じように恐竜の物語を子供たちに伝えたでしょう、彼らの生活が理想的で、食物は助ェであった為、多分動物と人間は食物の奪い合いで殺し合いをしなかったのでしょう(創世記9:3)。


結論
初期の人類はドラゴン、または恐竜に遭遇したと提唱します。このため人類は恐竜が全滅した後何百万年かかって進化したのではなく、しかし共存していたでしょう。一つ一つの証拠がそれ自体を示していても、進化論の概念を認める人々はそれを取り除いてしまうでしょう。しかし人類と恐竜の間に何百万年も間隔を置く進化論モデルの歴史は多くの疑問を残すのです。モデルになるものがなければ、どうして人類が古代の洞穴に恐竜の絵を描いたのでしょうか?もし恐竜が古代の人類にとって未知の存在であったなら、どうして沢山の恐竜(ドラゴン)についての文化があるのでしょうか? ドラゴンについての初期の文献は、どうして現実的で詳細にわたり説明されているのでしょうか?

恐竜と人類の共存に関しての証拠は圧倒的です。私がよく耳にするのは、もしいくつかの別の分野から証拠の提示できるなら、その仮説の真実性は重大である。私はその証拠を考古学、有史以前の芸術、古代文献、伝承、神話、そして聖書から示す事が出来ます。これらの証拠から私の結論は、バベルの塔が破壊された直後の人類は、確かに初期の地球に存在した恐竜と遭遇し、それを描写し、文献にして子供たちに言い伝えたと言う事です。私の結論は、古代芸術と文献のドラゴンは恐竜であった。

もっと学びましょう


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

地球の年代
地球の年齢
恐竜の化石
放射性年代決定
ピルトダウン人
絶滅した恐竜
ドラゴンについての歴史

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add ドラゴンについての歴史 to My Google!
Add ドラゴンについての歴史 to My Yahoo!
XML Feed: ドラゴンについての歴史
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutCreation.org, 著作権所有.