Clicky

創世記

創世記

 - 民族の誕生
クスコ゚ーフテヨ: 創造論 >> 創世記 5
(創世記 ・ム。シ・ネ1、ォ、鯣ノ、・)

創世記‐民族年代記
人類の分散は創世記で説明され、文化と身体的違いを人々とそのグループの上にもたらしたのです。人々やそのグループにいくらかの身体的違いの特徴が現れたのは、環境と状況の要求からでした。身体的特徴は独特な言語グループに関連して種族が形作られました。事実、人類の種族は唯一つで、既に存在している遺伝子が単に合成しあって“人種”の違いが出来たのです(多少の変形した突然変異も一緒に)。

創世記10章は“民族年代記”として一般に知られています。記録されている70種族はノアの3人の息子を通してバベルの塔から分散したのです。26種族はセムから、30種族はハムから、14種族はヤペテからです。


創世記‐ユダヤ民族
創世記には、御子イエス・キリストをこの世に送るために神に選ばれた民族、イスラエルの誕生が記録されています。イスラエル民族は、母国を放棄して神に従うように召された一人アブラム(後に神から“アブラハム”と呼び、“大勢の父”という意味。)から始まったのです。ヘブル人への手紙、“信仰によって、アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けと召しを受けたとき、これに従い、どこに行くのかを知らないで、出て行きました。信仰によって、彼は約束された地に他国人のように住み、同じ約束をともに相続するイサクとヤコブとともに天幕生活をしました”(へブル11:8−9)。

神はアブラハムに、妊娠不可能な年齢になった不妊の妻サライ(後にサライは神に“プリンセス”を表す名、“サラ”と呼ばれる)を通して息子を授けると約束されました。サラはイサクを生み、神は御自分の約束を成就したのです(イサクの意味は“笑い”、なぜなら神の約束を聞いたとき、サラは信じられずに笑った。)神はイサクを通して彼を偉大な民族の父になるとアブラハムに約束した後...アブラハムに息子イサクを犠牲にするよう命じたのです。“これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に‘アブラハムよ’と呼びかけられると、彼は‘はい。ここにおります’と答えた。神は仰せられた。‘あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい’”(創世記22:1−2)。アブラハム、イサクは偉大な民族の父となる、と言う以前の神の約束を信じてアブラハムは神に従ったのです。“信仰にとって、アブラハムは、試みられたときイサクをささげました。彼は約束を与えられていましたが、自分のただひとりの子をささげたのです。神はアブラハムに対して、‘イサクから出る者があなたの子孫と呼ばれる’と言われたのですが、彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。それで彼は、死者の中からイサクを取り戻したのです。これは型です”(へブル11:17−19)。これは驚くべき信仰です!アブラハムは罪びとでした(全ての人も同じ罪びとです)、彼の信仰が“アブラハムには、その信仰が義とみなされた”(ローマ4:9)。神はアブラハムがただ神の約束を信じたので義と見なしたのです。“聖書は何と言っていますか。‘それでアブラハムは神を信じた。それが彼の義とみなされた’とあります”(ローマ4:3)。

信仰によって“アブラハムは手を伸ばし、刃物を取って自分の子をほふろうとした。そのとき、主の使いが天から彼を呼び、‘アブラハム、アブラハム’と仰せられた。彼は答えた。‘はい。ここにおります。’御使いは仰せられた。‘あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた”(創世記22:10−12)。息子イサクも神のものとして、神のものを自分のものとしないアブラハムの従順の故に、神はアブラハムに約束してこう仰せられました、“これは主の御告げである。わたしは自分にかけて誓う。あなたが、このことをなし、あなたの子、あなたのひとり子を惜しまなかったから、わたしは確かにあなたを大いに祝福し、あなたの子孫を、空の星、海辺の砂のように数多く増し加えよう。そしてあなたの子孫は、その敵の問を勝ち取るであろう。あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。あなたがわたしの声に聞き従ったからである”(創世記22:16−18)。

その結果、アブラハムはイサクを与えられ、そしてイサクは後に神に“イスラエル”と呼ばれるヤコブを与えられました(彼は神とともに闘うの意味)。ヤコブはイスラエルの12部族となる12人の息子を与えられました。イサク、ヤコブ、そしてヤコブの12人の息子たちも、私たちと同じように罪びとでした。聖書はこれらの人々の良い行いも悪い行いも記録しています。それでもなお、神は御自分の約束に忠実でした。アブラハムとユダヤ民族を通して、神は御自分の愛する御子を、人類の罪を贖うためにこの地上におくってくださいました。

創世記 ・レ。シ・ク 6


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


弟子訓練

地獄は本当に存在するのか
最後の晩餐
創世記
罪って何ですか
イエスは全てを支払われた
ギャップ理論
神の子羊
ヨハネの福音書

礼拝
親交
奉仕の働き
福音伝道
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add 創世記 to My Google!
Add 創世記 to My Yahoo!
XML Feed: 創世記
創造論 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutCreation.org, 著作権所有.